「てぃーだかんかん日和」

「てぃーだかんかん日和」

天点

真夏の陽射しが照りつける南国の楽園、沖縄。 そこに小説が書けなくなってしまった都会育ちの小説家・小古(ここ)が、都会を離れふらりと訪れた。 到着早々トラブルに見舞われ、行き倒れてしまう小古だが……。 沖縄の人々の温かさに触れたり、戸惑ったり、癒やされたり…ウチナーを舞台にした物語が今始まる!
掲載号
  • 第一話を読む
  • 最新話はこちらから

前号のあらすじ

真夏の陽射しが照りつける南国の楽園、沖縄。 そこに小説が書けなくなってしまった都会育ちの小説家・小古(ここ)が、都会を離れふらりと訪れた。 到着早々トラブルに見舞われ、行き倒れてしまう小古だが……。 沖縄の人々の温かさに触れたり、戸惑ったり、癒やされたり…ウチナーを舞台にした物語が今始まる!

キャラクター

  • 小古重
  • 知念はな子
[著者プロフィール]
天点
7月5日生まれ
読書と甘味が好物です。